treatment

treatment · 11日 9月 2022
クラリセージには、スクラレオールというセロトニンの分泌を刺激する成分が入っています。 セロトニン(脳内神経伝達物質)は、90パーセントが腸に存在しており、腸内細菌との共同作業で作り出されるとされております。 腸内環境を保つことは、健康を維持することに深く関わりがあるとのことです。
aromaの効能
treatment · 22日 7月 2022
精油の香りには効能があるとされ、それぞれの香りによって身体に効く作用が違います。 例えば、女性ホルモンに効く精油と言いますと沢山ありますが、ローズ、ゼラニウム、パチュリ、サイプレス、クラリセージ、イランイラン…などがあります。 その時に入ってくる香りにお任せして選ばれると良いと思います。 香りが神経に作用して全て身体が決めてくれます。

treatment · 23日 6月 2022
ほうれい線周りの筋肉は、頭のサイドの筋肉や耳周りの筋肉と繋がっており、そこを揉みほぐすことで、たるみやむくみの予防や改善に繋がることもございます。 ご自分でできるセルフケアとして、耳の付け根の上の部分から側頭筋にかけて手のひら全体でしっかりもみほくすと良いでしょう。 その時に、しっかりほうれい線部分の筋肉が動いていることを感じながら行うと効果が高そうです。 バスタブに浸かりながらリラックスの空間で行ってみてはいかがでしょうか。
視床下部
treatment · 14日 6月 2022
アロマの香りは、扁桃体、視床下部へ伝えられ、自律神経系、内分泌系、免疫系にも作用します。 その時の香りにより、アロマの効能が身体に作用します。

treatment · 22日 5月 2022
メニューにあるアロマボディは、リンパドレナージュというリンパを流す手技で行われます。 身体の節々にはリンパ節という器官があり、身体のウイルスなどを濾過する役割があります。 リンパを流すことにより老廃物がリンパ節で濾過され血液に流れます。 定期的に滞りをなくすことは身体にとても良いです。
aroma
treatment · 15日 4月 2022
精油には色々な香りがあり、効能も様々です。 寝つきが悪い時にアロマを焚くことも良いですが、あまり強い香りですと逆に覚醒してしまうこともございます。 ご自分に心地よい量を調整されてお楽しみ下さい。

treatment · 13日 4月 2022
皮膚は28日周期で生まれ変わります。 14日間で角質層までいき、14日間停滞します。その後、角質となり剥がれていきます。その工程が代謝などの条件によりうまくいかないと肌トラブルとなります。 ご自分でのターンオーバーが難しい場合、スクラブをお勧めします。 スクラブはターンオーバーを促します。より良い肌への基礎ステップにスクラブをされてみてはいかがでしょうか。
treatment · 30日 3月 2022
コロナ禍で、気分が不安定になっておられる方が多く見受けられます。 西洋医学、東洋医学いろいろ試されていらっしゃる方も多いです。 薬や漢方はもちろん大切です。 その他に、カウンセリングを受けられている方もいらっしゃいます。 もちろん、アロマテラピーもメンタルの助けになります。色々な方法がありますので、ご自分に合う方法をお選び頂くことは、メンタルを支える上でとても大切ですね。 健康第一で穏やかに過ごせると良いですね。
treatment · 22日 3月 2022
人体にもともと備わっている機能、何かあっても、元に戻ろうとする力、一定に保つ機能のことを恒常性と言います。 血圧も、血糖値も、免疫も、etc... そのような仕組みが働いている為、元気で過ごせている訳でございます。 人体ってすごいですね。
treatment · 09日 3月 2022
BMI(body mass index)とは、現在の高齢者の体型の平均指数が22というデータからくる数値のことらしいです。長生きされていらっしゃる方は、22というバランスのとれた体型を保たれている方が多いということですね。 見習いたいものです。

さらに表示する