nail

ジェルの種類
nail · 03日 5月 2022
人工爪には様々な種類があり、その方のライフスタイルによって使い分けると良いと思います。 例えば、一般的に使用されているジェルネイルの種類には主に3つのタイプがあり、ソフトジェル、セミハードジェル、ハードジェルがあります。違いは酸素透過率や強度、柔軟性などです。また、アクリリックで作り上げるスカルプチュアという種類はとても強度があるので、亀裂補強や、長さだしなどに使用すると好まれます。またその時の爪のコンディションによって使い分けると理想的です。

nail · 14日 4月 2022
手や足の爪の形は様々です。 その方の幅や長さによってできる形があり、その方の癖やライフスタイルによって使い分けると良いでしょう。 ラウンド、オーバルと爪の先端が丸くなる形は、引っかかりにくく、使いやすいと言われいております。 また、スクエア、スクエアオフと爪の先端が四角い形は割れにくく丈夫という方もおります。 足に関しては、巻爪か否かにより削る形が違ってきます。
nail · 04日 4月 2022
日本人の肌は黄みが強い方が多く、明るさも人それぞれです。色の種類には主に、赤橙黄緑青藍紫というカテゴリーに分かれており、暖色系と寒色系に分けられます。例えば、真反対の色どうしを組み合わせると、補色の関係となり、コントラストが強くインパクトがあり躍動的な調和となります。また、同系色の組合せは穏やかで馴染みやすい調和となります。ネイルアートでは様々で、色の組み合わせで何通りもの雰囲気を作り出せます。
nail · 31日 3月 2022
日本のネイルの歴史は、飛鳥・奈良時代頃からあります。 紅殻(酸化鉄)というサビのもとが用いられ、額の中央や唇の両端に部分的な化粧をしており、その延長線上として指先を赤く染めていたそうです。世界については、古代エジプト時代(紀元前3000以前)にヘンナの花汁を用いて爪を染める風習があったそうです。ミイラの爪に残っていたとか。 又、ギリシャ、ローマ、中国、アメリカ、etc...と様々な国でのネイル文化がありました。
nail · 28日 3月 2022
爪のカビ(糸状菌類)をご存知の方も多いと思います。爪周囲炎、爪白癬、爪甲剥離等の主原因に二次的にカビが感染します。 または、スカルプチュアやハードジェルなどの人工爪が浮いてきても放っておいた場合、自爪と人工爪の間に水分が入ってカビが生じる場合があります。人工爪が浮いてきたら速やかにサロンに行きましょう。
nail · 27日 3月 2022
爪下出血とは、血豆のことですが、爪床が傷つくことで起こります。外的要因が主です。ネイルプレートに現れる現象なので、伸びきりカットする事で解決します。
nail · 27日 3月 2022
爪甲剥離症とは、ネイルプレートが爪床から離れる状態ですが、外傷、内臓疾患、感染症などが原因として考えられます。 対応として、剥がれた部分の下の皮膚がしっかり硬さがある場合、剥がれた部分のプレートを全てカットします。そうすることで、爪先の負荷が軽減されることになりますので、爪床と共に伸びることが可能となります。主に一ヶ月程でプレートが元に戻る場合が殆どです。また、剥離部分が広がって行き、なかなか治らない場合は、感染症や内臓疾患の可能性もありますので、皮膚科を受診しましょう。
nail · 25日 3月 2022
爪白斑という、爪のプレートに白い斑点ができることがございます。これは、爪の成長過程でぶつけたりして空気が入ってできるものなので健康上には問題ないとされております。 伸びてきたら爪を切るので、いずれなくなります。放っておいても大丈夫です。
nail · 23日 3月 2022
キューティクルオイルの種類には色々ありますが、ビタミンなどが多く含まれているオイルを選ばれると良いと思います。ネイルの成分は髪の毛と同じケラチンでできています。ですので、食べ物は高タンパクなものを摂取すると、爪が硬く丈夫になると思います。爪が硬く丈夫な状態でジェルを付けますと、持ちがとても良くなります。
nail · 23日 3月 2022
二枚爪(ネイルプレートの上の層が剥がれる現象)の原因として、乾燥、間違えた爪切りの仕方、ジェルを無理やり剥がしてしまったなどが考えられます。乾燥を防ぐためにも、キューティクルオイルの使用をお勧め致します。

さらに表示する